ブログ「今日も元気で」「カナダからの手紙」を立ち上げました。

 ようこそ「ヨーロッパ駆け巡り」へ。2ヶ月にわたるヨーロッパのバックパック旅行をご覧ください。国別にご覧頂くときは、左下欄のカテゴリーから入って下さい。
また、以下のブログは文字をクリックしてお入りください。
「今日も元気で」(現在毎日更新中の日記)
「カナダからの手紙」(現在更新中のカナダ滞在記)
 「ヨーロッパ駆け巡り」同様によろしくお願いします。
 See you soon!!
  加藤 寛
# by kato-world | 2007-01-13 22:19 | スウエーデン

(80)スウエーデン マルメ

 9月から続けてきたヨーロッパ駆け巡りもいよ
いよスウエーデンのマルメ市で終了となる。
 ほんとうはストックホルムまで行きたかった。
しかし、購入したユーレイル・パスの有効期限
(2ヶ月)と、スペイン・マドリッドからの帰国便を
21日にしたので、マルメ市が最後の訪問となる。
 まったく、年齢もかえりみず、バックパックのヨ
ーロッパ貧乏旅行をよく続けたものだ。
 それぞれの国の良いところも悪いところもよく
見えたし、いろいろな場所で親切な人々のお世
話になった。
 ヨーロッパを回ったことで、日本や日本人を
あらためて見直すこともできた。紀行文の編集
が終わったら、それらの感想や気がついたこと
をブログに載せてみたいと思っている。

  8月18日(金)スウエーデン マルメ

 マルメ市はスウエーデンで3番目に大きい町である。 
スウエーデン南部のスコーネ県のマルメはヨーロッパ大陸の窓口の町でもある。以前はここからデンマークの首都コペンハーゲンにフェリーがその大動脈の役割を果たしていたが、今では海底トンネルを走る地下鉄の開通によって、たった30分で行くことができる。
d0088834_21253836.jpg
 
 この風変わりな建物はコンドミニアムで、スウエーデン人の独創性が窺われる。これがもし日本であれば、いくら安全ですといっても誰も入らないだろう。
 マルメ市にはストールトーリエット広場とリエ広場を中心としたダウンタウンがある。そのリエ広場にはレストランやお土産店が周囲を囲んでいる。
古い建物を利用したお土産店
d0088834_21315189.jpg

d0088834_21321619.jpg

 そしてリラ広場から5分歩くとバイキングの城マルメヒュース城がある。
d0088834_21361742.jpg

d0088834_21363364.jpg

d0088834_21364643.jpg

d0088834_21384219.jpg

 この城は現在は市の博物館になっているのだが、あいにく午後4時に閉まってしまった。
城のとなりのクングス公園にはブロンズの乙女の像があり、明るい森や掘割と風車小屋などが市民の憩いの場所となっている。
d0088834_21411291.jpg

d0088834_2141344.jpg

 マルメのあるスコーネ地方にはスコーネという銘酒がある。これはウオッカの一種で、ハーブが加えられ、体に良く香りも独特のものがある。これを冷凍庫でギンギンに冷やして飲むのがツウである。渋谷にあった昔の職場の近くにスコーネというバーがあり、それを専門に出し、スウエーデン美人がお酌をしてくれたものである。
 旅の終わりにマルメ市のバーで本場のスコーネに酔ったのはいうまでもない。

 8月19日(土)マルメからコペンハーゲン、そしてマドリッドへ

 スウエーデンのマルメからコペンハーゲン空港まではたった15分で行ける。海底トンネルと橋を越えればよい。途中にパスポートチェックも税関検査もない地下鉄の旅だ。
 コペンハーゲン国際空港からマドリッドに行き、1泊したのちスイス・チューリヒ経由で日本に帰る。
 コペンハーゲンで見落としたものがひとつあったのだが、幸いにして同じものが空港内で見ることができた。それがコレである。
d0088834_21473019.jpg

 アンデルセンの童話、人魚姫はコペンハーゲンの港にあるが、それと同じ大きさのレプリカが空港にあった。人魚姫に見送られて機上の人となった。
# by kato-world | 2006-12-13 21:18

(79)デンマーク コペンハーゲン③

 遠い中東のカタールの首都ドーハで、アジア
大会が開かれている。オリンピックと違い、アジ
アの地域性を活かしたスポーツやゲームも大
会種目にある。スパタクローやカバデイなどだが、
ボウリングやチェス、ボデイビルまであるそうだ。
 チェスなどはとてもスポーツとは思えないが、
昔のオリンピックにも絵を書く競技もあったとか
いわれており、「プレイ」という観点では同じなの
だそうだ。しかし、メダル数では中国が突出して
いるね。そんなに国威発揚しなくてもと思うが。

 コペンハーゲンは清潔で落ち着いたたたずま
いを見せている。

  8月17日(木)コペンハーゲン・その3

 コペンハーゲンの中央駅のまん前を走る大通り沿いにチボリ公園の入り口がある。有名な童話作家アンデルセンが愛したチボリ公園である。その入り口のとなりにBRYGGERIETという名のビアレストランがある。
 このレストランのビールは自家製で、客席の中に醸造タンクを置き、目の前でビールの製造工程が見られる。私が珍しそうにタンクの写真を撮っていると、職人の若い人が日本語で「こんにちは、ようこそ」と言った。
d0088834_13391088.jpg

 彼はコペンハーゲンで日本人から習ったという。少したどたどしいが、日本が大好きで一度行ってみたいともいう。私は日本人は親切だし、旅行者にとって暮らしやすいからぜひおいでなさいと言った。
 このレストランはタブロイド版の新聞を発行していて、裏がメニューリストになっている。
ビールもソーセージもおいしくいただいた。
d0088834_13501844.jpg

d0088834_13503533.jpg


 おいしい夕食を食べ、いったんホテルに戻り、夜の10時からチボリ公園に出かけた。
d0088834_13522990.jpg

d0088834_13531884.jpg

 チボリ公園は夜になってからが賑わうそうで、園内は光りのページェントである。池の中も、宮殿も、観覧車なども光りで彩られ、短い夏の夜を楽しむ親子連れで賑わっている。
d0088834_1425575.jpg

d0088834_1431668.jpg

d0088834_13593117.jpg

d0088834_13595015.jpg

d0088834_140106.jpg

d0088834_1435285.jpg

 園内の野外劇場では歌とダンスのショーやマジックが行われるという。また、夜11時30分からは花火も上がるそうだ。デイズニーランドとは比較にならないほど小規模ではあるが、明るすぎず素朴であったかい雰囲気に包まれたチボリ公園はコペンハーゲンの魅力のひとつであろう。
# by kato-world | 2006-12-12 14:18 | デンマーク

(78)コペンハーゲン②

 昨日は我が町、大宮のお祭り、十日町であった。
武蔵一ノ宮の祭礼のひとつで、毎年12月10日に
開かれる。広い参道も露店で埋まり参詣の人手
でごった返す。ここ数年行っていなかったのだが、
今年久しぶりに出かけて驚いた。それは熊手売り
が幅を利かせ、大仰な店を構えていること。広島
焼とかイタリアン風味とか、モダンなお好み焼きが
たくさんあること。そしてタル柿売りが1軒しかなか
ったこと。
 熟して柔らかなタル柿が好きで、昔は必ず買って
帰ったのだが、今はあまり一般に食べられなくなっ
ているそうだ。

 8月17日(木)コペンハーゲン・その2

 気の向くままコペンハーゲンの街を歩いていると、いくつか変わった建物や塔が見えてくる。
d0088834_10231534.jpg

d0088834_10365274.jpg

d0088834_10403340.jpg

d0088834_10244439.jpg

d0088834_10382144.jpg

 最後の写真の変わった尖塔に興味を持って行ってみた。
d0088834_10413788.jpg

 尖塔の外側に螺旋の階段がついており、人がそれを登っている。この建物は、Vor Frelsers Kirke という教会であった。中に入ると立派なパイプオルガンがあり、祭壇もロココの装飾に包まれた豪華なものであった。
d0088834_10465328.jpg

d0088834_10533249.jpg

d0088834_10535223.jpg

私は高所恐怖症で、ミュンヘンの新市庁舎の尖塔や、フィレンツエのドオウモの横のジョットの鐘楼に登ったときも足がふるえて動けなかった。この教会の塔はたいして高くないのだが、階段が外づけなので登れるだろうかと不安であった。
 しかし、料金は3ユーロというので、思い切って上がることにした。
木製の階段をしばらく登る。途中に鐘を突く動力のしかけなどがあるが、汗をふきながら登っていくと、外にでるドアがあった。
d0088834_10591715.jpg

d0088834_10594255.jpg

 残っている写真はこれだけ。外にでたらもうダメ。手すりにつかまって回廊を一回りしている人もいたが、それはもう結構。命の危険が危ない。
 下に降りて、管理人に螺旋階段があったと思うが、見つからなかったよというと、さっきの回廊の反対側から外階段が始まるのだそうで、もう1回行ってきたら?と薦められてしまった。
 イエイエ、もうワタシャ結構ですと言って外にでた。
d0088834_1165147.jpg

 そうか、私は塔の一番上に出たと思っていたが、まだ中腹の回廊までしか登ってなかったのだ。あそこから上に外階段で登るなんて、シンジラレナーイ。

 コペンハーゲンの楽しい観光、つづく。
# by kato-world | 2006-12-11 10:51 | デンマーク

(77)デンマーク コペンハーゲン①

 関東地方もだいぶ寒くなってきた。冬の到来
を数年前と比べると、1週間は遅くなったような
気がする。各地の紅葉も年々遅くなっているし、
降雪も最近は少なくなっていると思う。
 地球温暖化の進行は間違いない。カナダの
ロッキー山脈の氷河もシッポが100年間で数
キロも後退しているし、モルデイブの浸水は深
刻さを増している。
 人口問題、エネルギー問題など地球規模で
の対策が必要ではあるが、まずは個人の意識
改革が求められる。そこで健康維持も考え、自
転車を買って乗り回している。
 
  8月17日(木)コペンハーゲン・その1
ハンブルグ駅構内
d0088834_1443311.jpg

 ドイツ、ハンブルグから国際列車でコペンハーゲンに向かう。途中、海をフェリーで渡るのだが、それも含めてたった4時間で到着する。車両はたまたまパソコンの電源がとれたのでこれまでの日記と家計簿を打ちこむことができた。
d0088834_15203859.jpg

d0088834_15205654.jpg

 女の子がコンパートメントの窓ガラス越しに私を覗き込んでいる。声をかけると恥ずかしそうに逃げてしまう。

コペンハーゲン市庁舎
d0088834_1454320.jpg

d0088834_15215942.jpg

 やがて着いたコペンハーゲンは明るく清潔な街であった。ホテルを決め、賑やかなストロイエという歩行者天国に出かけた。そこにはコペンハーゲンの街を開いたといわれるアブサロン司教の像が飾られている市庁舎がある。歩行者天国はここから500メートルほど続く。
d0088834_1531717.jpg

d0088834_1533194.jpg

d0088834_1534834.jpg

 市庁舎の前の広場では平和団体とゲイの団体がイベントを開いていた。日本では虹の旗は生協のシンボルだが、欧米ではゲイやレズのシンボルでもある。
d0088834_15273874.jpg

 広場には市内観光のための蒸気機関車風バスが巡ってくる。
d0088834_1528580.jpg

 建物も噴水もオシャレであるし、爽やかな空気は札幌のような感じがする。
観光客も街の人々もおだやかな表情で、ギスギスしたところが感じられない。
d0088834_1539234.jpg

 これは暑さをしのいでもらおうという霧の発生機。

 通りの両側はブテイックやブランドショップ、みやげ屋などが並び、ストリートパフォーマーが芸を披露している。
d0088834_1563969.jpg

d0088834_15225033.jpg

d0088834_1571150.jpg

 
 歩行者天国が終わり、そのまま歩き続けると運河に出た。
d0088834_15283590.jpg

 もうしばらくコペンハーゲンの街歩きを楽しむことにしよう。
  
# by kato-world | 2006-12-09 13:50 | デンマーク

(76)ドイツ ハンブルグ

 年賀状の準備を始めた。まず、去年までの
失敗年賀状と白紙で残った年賀状をまとめて
郵便局に持ち込んだ。今年の年賀状に換えよ
うとしたのだが、切手か普通ハガキと交換で
きるだけと言われた。理由を問うと、お年玉が
ついているので、価値が異なるからだそうだ。
 なるほど、そりゃそうだ。

 カナダ、ドイツ、アメリカでお世話になった方
々へのクリスマスカードも発送したので、ひと
安心だ。

   8月16日(水)ハンブルグ

 オランダ、アムステルダムからドイツ、ハンブルグへ向かう。そのあとは、デンマークのコペンハーゲンを通り、スエーデンのスコーネ県マルメ市へ足を延ばし、そこからスペインのマドリッドまで飛行機で戻り、スイスのチューリヒ経由で成田に飛ぶ。
 いよいよヨーロッパ駆け巡りも大詰めで、6日後には日本である。

 ハンブルグはドイツ北部の重要な港町である。町には近代的なビル群と歴史的な建物がありコントラストをなしている。ただし、大戦での爆撃で当時の建物は破壊され、市民の努力で再建修復されたものである。

 そのひとつに市庁舎がある。
d0088834_2235546.jpg

d0088834_2244189.jpg

d0088834_225097.jpg

 市庁舎の前の広場では普通のワインとリンゴで作られたワインのお祭りが開かれ、ソーセージや野菜の煮込み料理を売る露店がたくさん集まっていた。
d0088834_2281330.jpg

d0088834_22151181.jpg

d0088834_2284678.jpg

 少しアルコールの入った観光客が、ピンクのかつらをかぶされた上、先の曲がるホウキを持たされ、道路に散らばるビンのキャップを掃除させられていた。もちろん余興なのだが、ようやく集めきろうとすると、どこからか露店の若者が現われ、キャップを蹴り散らかしてしまう。
d0088834_22225595.jpg
d0088834_2223938.jpg

 ガッカリしていると、またワインを飲まされ、イヤイヤ掃除を始めるのであった。取り囲む観客から拍手喝采が起きる。ハンブルグの市庁舎前はにぎやかな時が過ぎていった。
d0088834_22251628.jpg

d0088834_22253838.jpg

d0088834_22301967.jpg


ハンブルグ中央駅
d0088834_2226238.jpg

# by kato-world | 2006-12-07 21:58 | ドイツ

(75)オランダ エダム

 今日、自転車を買った。3段変則の中古品で
9000円である。じつは日曜日に区内の公園で
放置自転車の販売抽選会があり、行ってみた
のだが、同じくらいの値段なので自転車屋さん
で購入したのだ。
 これで区内のどこにもサッサと出かけられる
し、健康にも良い。地球環境にも優しいのだ。
 カナダでは通勤に利用する人も多く、自転車
警官も颯爽と町を警らしている。ドイツや北欧
では地下鉄でも国鉄でも自転車のまま乗り降
りできる。日本もそうなるといいね。
 
   8月15日(火)エダム

 フォーレンダムの町のバス停からエダムという町に向かった。エダムチーズで有名な町である。こちらにも市内をいくつかの川が流れ、ボートが行き交う水運の町である。
d0088834_2151184.jpg

 下の写真は水位を調節して船を高い場所に引き上げる用船堀である。
d0088834_2155120.jpg

 エダムの家々の窓を見ていただこう。
d0088834_2175356.jpg

d0088834_218632.jpg

d0088834_2181811.jpg

  3軒目の家の窓辺にはコケシが飾られていた。なにかしら日本とつながりのある家なのだろう。
 市内の中心部には古い商店が互いにもたれあうように傾いて立っていたり、エダムチーズのお店やチーズとワインのレストランがあった。
d0088834_21133177.jpg

d0088834_21135089.jpg

d0088834_2114792.jpg

 川辺にはサギが舞い、美しい花の庭をもつ家がいくつもあった。エダムもまた、水郷の美しい町であった。やはり、アムステルダムはオランダではなく、マルケンやエダムのような町が本当のオランダなのだと思った。
d0088834_2116498.jpg

d0088834_21162974.jpg

d0088834_21171082.jpg

# by kato-world | 2006-12-05 21:09 | オランダ

(74)オランダ フォーレンダム

 浦和レッズ優勝おめでとう。
実力はありながら長い間恵まれなかったレ
ッズがようやく優勝できた。しかも最終戦で
の決着は浦和らしい。わたしの町は大宮な
のでアルデイージャだが、旧大宮市民でも
レッズファンのほうがまだ多い。歴史が違う。
 大宮も力のある外国人を入れたりすれば、
まだしばらくはJ1でやれるだろう。さいたま
市で2つもJ1チームを持っているなんて贅
沢なもんだ。

 オランダの水郷地帯、フォーレンダムの
教会で見つけたものとは・・・。

  8月15日(火)フォーレンダム・その2
d0088834_10204768.jpg

d0088834_1021755.jpg

d0088834_10212513.jpg

d0088834_10214568.jpg

 教会は外見も内部もどこにでもあるようなものだったのだが、裏の庭に出て驚いた。
d0088834_1025124.jpg

d0088834_10275318.jpg

 まずはマリア像に見守られた可愛い墓石とたくさんの花が目に映った。きっとそれらは小さくしてなくなった子供達の墓なのだろう。そしてすぐ脇にある墓石は。
d0088834_10282498.jpg

d0088834_10284214.jpg

 なんと亡くなられた墓のご主人の写真が付けられているではないか。墓石には生まれ年と享年とお名前があり、どんな仕事をしていたかも彫られている。
d0088834_10334510.jpg

 そしてタペストリーのようになっている墓石もあった。
d0088834_10354189.jpg

d0088834_10355925.jpg

d0088834_1046690.jpg

 日本のお墓は代々の家というものを基準にしており、個人の墓ではない。しかし、こちらでは個人を尊重しているのでこんな墓になったのだろう。アメリカやカナダでは広い野原のような墓に墓石を置いた墓地が多い。狭いオランダでは立体式も作ったというところか。
 しかし、教会の裏の墓地は花が咲き、とても明るく、天国のように安らかであった。
d0088834_10411749.jpg

# by kato-world | 2006-12-04 10:17 | オランダ

(73)オランダ フォーレンダム①

 昨日、東京は神保町であるテニスサークルの
忘年会があった。幹事から頼まれていたので、
「うんちくクイズ」を準備して行った。その中で好
評だったもの。イカスミは食べるけど、タコスミ
は食べないのはなぜ?というのがある。答えは、
イカスミは具によく絡むが、タコスミはサラサラ
しすぎて料理しづらいから。
 イカは粘性のあるスミを吐き出し、物体をつくり
相手がまごつくスキに逃げるが、タコは煙幕を張
って逃げるのでこんな違いがある。

 オランダの水郷地帯の2番目はフォーレンダム
という町である。  

  
   8月15日(火)フォーレンダム・その1

 マルケンから船でアイセル湖を渡り、フォーレンダムに向かう。湖は波が静かで、心地良い風が吹いている。はるかかなたに見えていたフォーレンダムも、30分ほど過ぎ行くうちに教会やレストランや土産屋などと見分けがつくようになってきた。
d0088834_1158084.jpg

d0088834_11582361.jpg

  船から上がり、土産店のならぶ狭い道を行くと、飾り窓の店や、牛皮を干している店などユニークな店がたくさんあった。
d0088834_121564.jpg

d0088834_121279.jpg

  土産店の通りはそれでも100メートルくらいでつきてしまい、あとは茫々たる湖に沿う道となってしまう。その湖畔では犬を遊ばせている人がいた。
d0088834_1255789.jpg

d0088834_1261334.jpg

 湖を背にして道を渡ると住宅街に入っていく。そこには堀割があり、おそらくこの辺りも埋め立てたのだろうと推測できる。
d0088834_12121023.jpg

d0088834_12125217.jpg

d0088834_121315100.jpg

d0088834_12182669.jpg

 昔ながらの家々と掘割のつくりだすなにやら懐かしい景色を楽しんでいると1軒の教会があった。この教会に入って驚くことに出会うのだが・・・・。
d0088834_12204036.jpg

# by kato-world | 2006-12-02 12:04 | オランダ

(72)オランダ マルケン③

 きのう、理髪店にいくとき、歩道を歩いてい
ると、後ろから自転車のベルがチリンチリン
と数回鳴った。後ろをみると二人乗りの若者
がドケよとばかりに走ってきている。
 わずかにぶつからず避けたが、こんな危
険な目に歩道で会うのは理不尽である。
 本来自転車は立派な軽車両である。歩道
を行くなら、押して歩かねばならない。最近
自転車で右側を走る人も多いし、いったい
日本はどうなっているのだろう。
 ドイツでは車道、歩道、自転車レーンと分
離されているのでこんなことはないのだが。

  8月15日(火) マルケン・その3
d0088834_11312397.jpg

d0088834_1134158.jpg

 マルケンの民家はどの家もきれいにペンキで飾られ、よい街づくりに協力しあっているのがよく分かる。

 マルケンのレストランで昼食をとり、そこから22キロ北のフォーレンダムという街に向かう。マルケンからは船が出ていて、40分ほどで着く。バスの1デイ・チケットを示すと料金は半額の
3.5ユーロとなる。
 昔は漁港として栄えたマルケン港に行くと1軒のお土産屋があり、こどもが大きな木靴に入って写真を撮っていた。
d0088834_11385654.jpg

 港は次第に観光向けの業務が多くなってきているそうだ。
d0088834_1136054.jpg

d0088834_11371339.jpg

d0088834_11373446.jpg

 フォーレンダムへ行く船が港に入ってきた。水郷地帯のマルケンは私の心にまた、ゆったりとした気持を取り戻させていた。
# by kato-world | 2006-12-01 11:32 | オランダ




2006年の夏、ヨーロッパ13カ国の旅行紀です
by kato-world
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールをお気軽に
hiroshi_kato
@mwc.biglobe.
ne.jp
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧